脱毛サロン徹底比較.com > 脱毛サロン選び方ガイド > 脱毛サロンで施術を受けるには前処理が必要!

脱毛サロンで施術を受けるには前処理が必要!

脱毛サロン選び方ガイド 2019年5月7日│13 view


脱毛サロンで脱毛をする前には、前処理として自分でムダ毛を剃っておかなければなりません。
いつ剃ればいいのか、どこまで剃ればいいのか、剃り残しはどうするのかなど、初めてではわからないことが多いですよね。
今回は脱毛サロンで施術を受けるための前処理で悩んでいる方のために、詳しい前処理の方法について解説します。

前処理って何をすればいいの?

前処理とは、サロンで脱毛を受ける際シェービングの手間なくスムーズに施術に進むために、自分であらかじめムダ毛を剃ることです。

脱毛ではムダ毛の黒い色素に反応する光を使用するため、ムダ毛が伸びた状態で施術を行うと、毛根以外にも光が照射されてしまい、やけどや肌を傷める原因になってしまいます。
なるべく肌にダメージを与えたり、トラブルを起こすことなく、脱毛を受けるには事前の自己処理が必要なんです。カミソリを使う場合の前処理は施術の2,3日前までに行います。

どうして施術2,3日前までにしなければならないのかというと、カミソリを使ったシェービングは肌に直接刃を当てて処理していくため、目視ではわかりませんが、どうしても小さな傷ができてしまいます。
肌に傷がついたまま脱毛を受けると痛みを強く感じたり、かゆみや赤みなどのトラブルが出てしまうことも。そのため、施術2,3日前までに、清潔で切れ味の良いシェーバーを使って前処理するようにしましょう。

二の腕の裏側は剃り残しやすい部分なので、明るい場所で確認しながら処理していきましょう。脱毛機の光は、黒い色に反応するため、普段は気にならない産毛などもきちんと処理しておく必要があります。
また、ワキの毛は生える方向が様々なので、シェーバーの当て方を変えながら剃り残しのないように注意し処理するようにしましょう。

届かない場所はしなくていい?

IラインやOライン、うなじ、襟足、背中などの自己処理がどうしても難しい部位は、諦めてOK。無理に自分で処理をしようとすると肌を傷つけてしまったり、けがにつながるので無理はしないようにしてください。

Vラインの自己処理は好きな形に整えて短く揃えましょう。シェーバーで処理した際のチクチクが気になる場合には、デリケートゾーン用の温熱カッターの使用がおすすめです。

自分で届かない場所や多少の剃り残しは、脱毛サロンでシェービングしてもらうことが可能です。ただしサロンによっては追加料金が発生する場合もあるので、不安な場合は問い合わせるなどしてシェービング料金の確認をしておきましょう。

シェービングは脱毛サロンでも行われているものの、基本的には自分でできる範囲の自己処理はきちんとしていくようにしましょう。もし前処理を忘れてしまった場合、すべての部位をシェービングしてもらうことができる場合もありますが、サロンによってはIラインやOライン、うなじ、襟足、背中など手が届かない場所以外のシェービングは行なっていないこともあり、前処理を忘れてしまうと施術が受けられないこともあるので注意が必要です。

やってはいけない前処理について

脱毛前のムダ毛の前処理はシェーバー、デリケートゾーンであれば温熱カッターを使用します。

毛抜きや、ソイエなどの電動除毛器、除毛クリームは使用しないでください。毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと、毛根がなくなってしまうため脱毛の効果が発揮できません。

また、除毛クリームは刺激が強く、肌を傷をつけてしまいます。傷がついて敏感になった状態の肌で脱毛を受けると、痛みを感じやすく、かゆみや赤みなど肌トラブルの原因にもなりかねません。きれいな肌を手にいれるための脱毛で、肌を傷つけてしまっては元も子もありませんよね。正しい方法で前処理を行なってツルスベのお肌を手に入れましょう。
また、シェーバーでムダ毛を剃る前にしっかり保湿を行うことで、肌表面に傷がつきにくくなります。

また、シェーバーでムダ毛を剃り終わった後にも保湿をして乾燥を防ぎましょう。うるおいのある肌は、乾燥した状態の肌にくらべ、ダメージを受けにくいので、日頃から保湿ケアを心がけておくとよりきれいな肌に近づくことができます。

前処理では、シェーバーのみを使用し、シェービング前後の保湿を忘れないようにすることがポイントです。

カミソリ・電気シェーバーどちらがいい?


事前の自己処理には、カミソリの使用よりも電気シェーバーの使用をすすめている脱毛サロンが多いです。

電気シェーバーはカミソリとは異なり、外の刃で挟んだムダ毛を内の刃でカットする仕組みになっているため刃が肌に直接当たりません。
そのため、安全で肌に負担が少なく、傷つけてしまうことも少ないので、肌トラブルにもなりにくいです。男性用の髭剃りと同様の形のものとスティックタイプのものがあり、部分によって使い分けると便利です。

また、安価なものでは1,000円ほどで販売されているので、気軽に購入できます。カミソリは、事前にジェルやシェービングクリームなどを塗る必要がありますが、電気シェーバーなら肌に直接触れない仕組みのためジェルや、シェービングクリームは不要です。カミソリでの自己処理を許可している脱毛サロンもありますが、電気シェーバーを使用する方が肌へのダメージが少ないと言えます。

また、カミソリは肌に刃を直接当てるため、カミソリ負けをしてしまうこともあります。カミソリ負けをした肌には、脱毛機を照射できない場合もあるので、リスクを考えても電気シェーバーの使用が良いと言えるでしょう。肌にとってどちらが良いかを考えてカミソリよりも電気シェーバーを推奨している脱毛サロンが多いんです。

前処理は簡単、神経質になりすぎなくて大丈夫!

脱毛サロンに行く前の前処理にはそこまで悩む必要はありません。事前の自己処理が必要なのは、スムーズに施術を行うため、脱毛の効果をしっかり発揮させるためです。やけどや赤みや痛みなどから自分の肌を守るために行うものですが、多少の剃り残しなどであれば、脱毛サロンでスタッフがシェービングを行なってくれるので、神経質になりすぎることなく無理のない範囲で処理をすれば大丈夫です。

手が届きにくい場所などを無理に剃ろうとしてけがをしてしまえば、脱毛が受けられなくなってしまうこともあるので、あくまでもできる範囲の処理で構いません。また、ムダ毛の自己処理で悩みがある場合はスタッフに相談してみると良いでしょう。

前処理を適切に行なって、脱毛サロンでスベスベのお肌を手に入れてくださいね。

List

脱毛サロン一覧

比較している脱毛サロンの一覧です